MENU

lisaの年齢サバ読み詐称疑惑の真相!昔の写真とすっぴん画像で徹底検証

URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

lisaの年齢サバ読み詐称疑惑は老けた・おばさんの声から始まった

lisa

2019年にリリースした「鬼滅の刃」のオープニングテーマ「紅蓮歌」の大ヒットで、彗星のごとく瞬く間にブレイクして人気を集めるアニソン歌手LiSA(リサ)

パワーあふれるエネルギッシュな歌声がが、心に響くと男女を問わずにたくさんのファンに愛されています。

アーティスト写真やアルバム写真を見ると、LiSAならではの髪型やその時のコンセプトに合わせた髪色で、まるでゲームやファンタジーのような独特のバーチャル的世界観を感じることができます。美しすぎるコスプレとでもいいましょうか……。

その一方で、テレビ番組に出演した時に笑顔になると見える八重歯が気さくで可愛いらしいというギャップも持ち合わせています。

そんなLiSAですが、SNSで検索してみるとその見た目とは相反する「LiSA おばさん」から始まり、「LiSA 老けた」といったLiSAの年にまつわるコメントが結構見つかりました。

LiSAがおばさんって言われる時代か…怖いな

最近LiSAに老けたねとかYouTubeのコメント欄に書く奴多すぎ
頑張ってるのに老けたねとか形態面言われてみる方からすると辛いよ
俺も辛いよ
そこはさ頑張ってるね。でいいのに。
まじやめて欲しい。
はい、おやすみ寝顔

CDTV見てたらLiSAめっちゃ老けたなーとか思ってしまった

LiSA 老けた⁇
体調良くない感じかなぁ…

全然おばさんや老けたといったイメージからは程遠いLiSAになぜこのような声が上がっているのでしょうか。さらには「おばさん」や「老けた」がきっかけで「年齢詐称疑惑」まで浮上しているのだとか……?

どうしてこんな声がネット上で出回っているのか、実際のLiSAの写真を見ながら理由を探っていきます。

lisaの本当の年齢プロフィールと最新の写真

まずはLiSAの現在の年齢を簡単なプロフィールと一緒にご紹介します。

LiSAのプロフィール

本名:織部 里沙(おりべ りさ)
出身地:岐阜県関市
生年月日:1987年6月24日
年齢:34歳(2021年現在)
身長:165センチ
所属事務所:ソニー・ミュージックアーティスツ

岐阜県出身のLiSAは、高校時代に結成したバンドでボーカルとして活動するもバンドが解散。その後歌手としての夢を叶えるために上京して2011年にソロ活動を開始しました。

正式な名前の表記は「LISA」でも「lisa」でもなく「i」が小文字の「LiSA」で、本名に由来しています。インディーズとして活動していた時代から使っているアーティスト名で、ファンは「LiSAッ子」と呼ばれています。

見た目からはちょっと想像がつかないんですが、実はインディーズ時代から数えるとその芸歴15年以上というベテランです。バンド活動の経歴があるだけに、LiSAの会場全体を盛り上げるライブパフォーマンスは有名で、国内のロックフェスだけでなく海外でもライブフェスやライブで活躍しています。

パワフルかつ抜群な歌唱力と可愛いらしいルックスは、鬼滅の刃の「紅蓮華」や「炎」の大ヒットで、今や日本中で知らない人はいないんじゃないでしょうか。

LiSAの年齢は1987年生まれなので2021年現在、34歳です。

世間一般でいえば一応「アラサー」という括りはいるわけですが、スラッとして華奢なスタイルから飛び出すパワフルな歌声を目にすると、どう見ても実際の年齢よりはずっと若く見えますよね?

むしろ年々若返ってるようにさえ感じるくらいなんですが、老けたとかおばさんとか、ちょっと納得いきませんね。昔の写真と比べてみると大激変していた!とか、実はファンしか知らない過去があるとか、そういう事情も考えられなくもないわけで…。ということで、昔の写真画像を調べてみました。

lisaの昔の写真画像と実は元ヤンだったエピソード

現在のLiSAの見た目はテレビやライブで見るとおりですが、昔のLiSAはどんな見た目だったんでしょうか?

実はLiSAがブレイクしたことでデイリー新潮が2021年1月7日号で「知られざる中学時代のヤンチャ話」としてLiSAの昔の写真を記事と一緒に公開しています。

LiSAの学生時代

記事では、

  • 中学2年の時に沖縄から(岐阜県に)転校してきた
  • 中学時代はほとんど授業に出席しないで仲間と遊び回っていた
  • 制服はスカートをミニスカにしてピアスを付けていた
  • しょっちゅうカラオケ店に行って飲酒していた
  • 深夜に歩き回って補導されたことがある
  • 自転車泥棒もやっていた

といった、同級生の証言が載っていました。

もちろん、これらは本人が語ったエピソードではなく、同級生の証言として記事に載っているものなので、本当のことなのかどうか、話がおおげさになっていないかどうかなどは不明ですが、もし本当ならかなり荒れた中学生時代を送っていたということになります。

本論に戻りまして、年齢と関連したLiSAの見た目的な部分としては、あどけない顔とちょっぴりふっくらした顔、真っ黒な髪で子供時代の写真という感じですね。髪色に関しては今の七変化するヘアカラーが見慣れているだけあって、逆におとなしくみえてしまいます。

続いて、LiSAのすっぴん画像を見てみましょうか。

lisaのすっぴん画像徹底検証で判明したおばさん疑惑の結果!

今や加工写真では実年齢がまったく分からない世界ですが、すっぴん画像であれば顔のシワや首のシワ、手のシワなどからある程度の実年齢が伺えるケースもあります。

LiSAはインスタやTwitterで堂々と普通にすっぴん写真を公開しています。

最近の写真で見ても、世間の34歳一般人と比べるとずいぶんと若いですよね。

ちなみに、まだ幸せそのものだった頃のLiSAと鈴木達央……。この時もすっぴん風ですがすごく可愛いですね。

すっぴん写真からは年齢詐称やおばさん疑惑はまったく感じられませんでした。なぜこんな疑惑が出てしまったのか、理由は4つ考えられそうです。

lisa年齢詐称・おばさん疑惑が出た4つの理由

LiSAの昔の写真とすっぴん写真をご覧頂きましたが、LiSAに「おばさん」「老けた」「年齢詐称」の声が出回った理由は大きく分けると4つ考えられます。

LiSA年齢詐称・おばさん疑惑の理由1は新潮記事が原因

LiSAの同級生の証言が新潮に載りましたが、その中に「LiSAがカラオケに行くと歌を歌いまくっていた」というものがあり、そのレパートリーがMISIA椎名林檎だったといいます。

それを見た人の一部が、年齢的に「30代後半世代に刺さるレパートリー」と指摘したことから、じつは年齢詐称してるんじゃない疑惑が浮上したようです。

しかし、アーティストを好きになるのに年齢制限はないわけで、まったく根拠のない声が誇張されてしまったといえますね。

LiSA年齢詐称・おばさん疑惑の理由2は世代差

LiSAといえばアニソン歌手。ということで、歌っているアニメ曲のターゲット層も10代や20代がメインターゲットになっているものが多いといえます。

昭和生まれのLISA、平成生まれのファン。確かに10代から見れば30代はおばさんに感じられても仕方ないかもしれません。

LiSA年齢詐称・おばさん疑惑の理由3は若く見えるせい

LiSAの見た目は誰もが認めるように実際の年齢よりは若く見えます。なので、何歳なんだろうとプロフィールを調べて本当の年齢を知って「イメージとは違って実は意外とおばさん(年齢行ってて)でビックリ!」という声から、「LiSA」と「おばさん」だけがキーワードとして目立ってしまって独り歩きした可能性も考えられます。

LiSA年齢詐称・おばさん疑惑の理由4は別のLISAと勘違い

プロフィール紹介の時に書きましたが、LiSAの表記は「i」が小文字です。でも、読み方は「リサ」。そのせいで、m-floのLISA(リサ)と勘違いしたんじゃないか説もなくはありません。

当然まったくの別人物なので顔は違いますが、急いでプロフィールだけ見て年齢が違う!と見間違えた説もゼロではないのではないかと思い、念の為最後に書いてみました。

ちなみに、m-floのLISA(リサ)は1974年10月26日生まれの46歳(もうすぐ47歳)です。

この記事を友達に教えよう!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる