BTS人気ランキング!メンバーの国別順位と本国ARMYの反応がガチすぎ2021年最新順位も

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ジョングク、ジミン、V(キムテヒョン)、SUGA(シュガ)、RM(キム・ナムジュン)、J-HOPE(チョン・ホソク)、ジンの7人のメンバー構成で世界中の人気を集めるBTS。

グループとしてはもちろん、メンバーそれぞれが持つ独自の個性も魅力なわけですが、グループ内のメンバーの人気順とその理由、気になりませんか?

どのグループもトップ人気のメンバーは固定、という感じですがBTSの場合、国によってビミョーに順位が違う!という面白い結果が出ています。

韓国のオンライン掲示板で話題になった国別(アメリカ・イギリス・全世界、日本、メンバーの本国である韓国)のBTS人気メンバーランキングと、BTSを愛する韓国人の反応、そして2021年最新のBTSのメンバー人気総合ランキングをご紹介します!

目次

BTSメンバーの人気順位(アメリカ、イギリス、日本、全世界)

韓国のオンライン掲示板で海外(ここでいう海外とは韓国以外の外国という意味)におけるBTSメンバーの人気ランキング結果として話題になった画像があります。

アメリカ、イギリス、日本、全世界、そして経済誌フォーブスでのメンバーの人気順位報道だとして貼られた画像です。

順番に見ていきましょうか。

アメリカのBTSメンバー人気ランキング

まずはアメリカです。

アメリカのBTSメンバー人気ランキング

1位:ジョングク
2位:ジミン
3位:シュガ
4位:V
5位:J-HOPE
6位:RM
7位:ジン

アメリカのランキングで1位に輝いたのは末っ子のジョングクでした。続いて2位は芸術的なダンスの実力で人気を集めるジミン。3位は独特なボイズのラップが魅力のシュガです。日本で人気のあるVは意外にも4位にランクイン!

そして5位にダンスリーダーのJ-HOPE、6位にRM、7位にジンと続きます。

アメリカの番組に何度も出演しているBTSだけに、英語がペラペラで番組でも率先してインタビューに英語で答えていたRM。身長も高いので、案外アメリカでは人気上位に食い込むかと思われましたが、6位なのはちょっと意外かもしれません。

イギリスのBTSメンバー人気ランキング

続いてイギリスです。

イギリス

1位:ジョングク
2位:ジミン
3位:シュガ
4位:V
5位:J-HOPE
6位:RM
7位:ジン

同じ英語圏のイギリスのランキングの順番はアメリカとまったく同じです。

若干違うのは人気を占める割合の部分でしょうか。ジョングクが圧倒的1位なのは同じですが、アメリカの順位では2位のジミンが90なのに対して、イギリスの順位では80と割合が減っています。

イギリスのほうがジョングクとジミンの人気の差があると数字上では判断できることになりますね。

日本のBTSメンバー人気ランキング

日本のBTSメンバー人気ランキング

1位:ジョングク
2位:V
3位:シュガ
4位:ジミン
5位:ジン
6位:J-HOPE
7位:RM

今まで見てきたアメリカ、イギリスとは違って、やはり順位が動きました。

1位のジョングクは不動で、アメリカ、イギリス、日本と1番人気を占めたままですが、日本の2位はイケメンのVになりました。

3位のシュガもアメリカ、イギリスと同じですが、4位にジミンがVと入れ替わって登場となります。

そしてアメリカとイギリスで7位だったジンが5位に!涼し気フェイスの王子様キャラは日本では人気のようです。

ジンが5位に繰り上がり、アメリカ、イギリスで5位のJ-HOPEと6位のRMはそのまま下にスライドして日本では6位と7位になっています。

世界のBTSメンバー人気ランキング

世界のBTSメンバー人気ランキング

1位:ジョングク
2位:ジミン
3位:V
4位:シュガ
5位:J-HOPE
6位:ジン
7位:RM

世界という大きなくくりになっても1位のジョングクは強い!まったく動きませんね。

2位から7位はアメリカ、イギリス、日本の結果をミックスしたような結果となっています。

米国経済誌フォーブスのBTSメンバー順位報道

米国経済誌フォーブスのBTSメンバー順位

1位:ジョングク
2位:ジミン
3位:V
4位:シュガ
5位:ジン
6位:J-HOPE
7位:RM

最後に、これはBTSだけの人気ランキングではなくて、K-POPアイドルの順位として米国経済誌フォーブスで発表されたものとしてオンライン掲示板に上がっていました。1位から7位までをBTSが7人のメンバー全員で埋めるという「本当かよ!」とツッコミを入れたくなるような面白い結果となっています。

BTSの楽曲が米国ビルボードで圧倒的な記録を残し、人気を集めたことを反映しているからこそだ、といえばそうなのかなともいえる結果なのかもしれませんが、K-POPアイドル(ボーイズグループ)全体としての結果だと考えると、納得がいかないと思うK-POPファンも多いかもしれません。

特に本国韓国ではK-POPアイドル(ボーイズグループ)全体でランキングを集計したら、この結果(7位までをBTSのメンバーが全独占)には絶対にならなかったでしょう。

7位以下の結果は次のとおりです。

8位:EXOのベクヒョン
9位:EXOのチャンヨル
10位:EXOのカイ
11位:EXOのセフン
12位:NCTのジェヒョン

なぜか8位から11位をEXOのメンバーが独占し、12位でNCTのメンバーが出てきます。
8位から11位までを特定のグループ(EXO)のメンバーが独占し、8位から12位までのメンバーの所属事務所はすべてSMエンターテインメントという結果なので、かなりの恣意的というか、信憑性が疑われるところですが……。

さて、このアメリカ、イギリス、日本、全世界、経済誌フォーブスでのBTSメンバー人気順結果は2年前の2019年に韓国のオンライン掲示板で話題を集めたものです。

とはいえ、当時のBTS(バンタン)好きな韓国人の反応はというと、

視聴者

なんでランキングなんかするわけ?みんなバンタンで、結局全員好きなのに

視聴者

??ランキング付け。。。いったい(なぜ、何の意味が)。。。

視聴者

こんなのなぜ。。。

視聴者

ランキング付けは何の意味もない。。。バンタンは7人でいる時に一つだということを全ARMY(BTSのファン)がみんな知ってるでしょう~~

と、かなりのブーイングコメントが殺到していました。
7人全員一緒でこそBTS(バンタン)だ!順位なんかつけるな!という韓国ファンの思いの強さがヒシヒシと伝わってきますね。

BTSメンバー人気順位総合ランキング2021年最新版

ここまで見たのは2年前の2019年版のランキングでした。

となると、「ちょっと古いよ!最新のランキングは結局どうなっているわけ?」と気になりますよね?
特に韓国本国ではメンバーの順位をつけるな!という声が結構あるものの、それでもシビアなメンバーの人気順位記録は存在するわけです。

ということで2021年最新版の人気メンバー総合順位を最後にご紹介します。

この順位表は韓国の一部マスコミも記事にしたランキングなのですが、グローバルK-POPアイドル人気投票サービスのアプリでの投票結果で、ボーイズグループ・ガールズグループを問わずK-POPアイドルを対象とした投票による人気データです。そのため他のグループのメンバーもランキングには混じっています。

BTSメンバー人気順2021年

この結果によると40週間1位のランキングを守り続けた圧倒的な人気アイドルはジミンで、2位のVに大差をつけてトップとなっています。

続く2位はV、3位はEXOのベクヒョン、4位にジョングク、5位にJ-HOPE、6位にTWICEのツウィ、7位にシュガ、8位にTWICEのミナ、9位にジン、10位にRed Velvetのウェンディ、11位にRMという順番です。

BTSのメンバーだけをランキング順に抽出すると

1位:ジミン
2位:V
4位:ジョングク
5位:J-HOPE
7位:シュガ
9位:ジン
11位:RM

という順番になります。

あえて2年前のランキングと比べるならば、不動のジョングクがランキングを落とし、ジミンがトップに。シュガの順位が相対的に落ちて、J-HOPEが少し上がり、RMは最下位圏そのままといえるでしょうか。

不動の人気を誇っていたジョングクのランキング変動にはスキャンダル報道も多少の影響はあったのかもしれませんね。

この記事を友達に教えよう!!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる